大阪王将と太陽のトマト麺が初コラボ、共同店舗を新宿歌舞伎町にオープン。限定コラボメニューをスタート。

更新日:

イートアンド株式会社(東京ヘッドオフィス:東京都港区、代表取締役社長:文野 直樹)は、2015年4月17日(金)、新宿東口のコマ劇場跡地に建設された新宿東宝ビル内に「大阪王将」及び「太陽のトマト麺」を共同出店し、同店限定メニューを提供することを発表した。

s_sub3(2)

共同店舗では、大阪王将・太陽のトマト麺共に、新宿東宝ビル店限定のオリジナルメニュー「灼熱チキン天津飯 880円(税込)」、「イカ墨ブラック アラビアータトマト麺 930円(税込)」を販売。
また太陽のトマト麺新宿東宝ビル店では、毎月9、10、11日の3日間に数量限定で販売しているプレミアムチーズラーメンの人気商品3品を販売し、チーズラーメンファンの更なる拡大を目指す。

大阪王将新宿東宝ビル店限定メニュー

灼熱チキン天津飯 880円(税込)

s_sub2(2)

天津飯に桜島どりをトッピングし、 コチジャンベースのタレで仕上げた。際立つ辛さの中にコクが感じられる商品となっている。

太陽のトマト麺限定メニュー

イカ墨ブラック アラビアータトマト麺 930円(税込)
s_sub3(2)
赤と漆黒のWソース、スパイスの効いたアラビアータ風トマトスープに濃厚イカ墨ソースを混ぜればマイルドな味わい。スパイシー且つマイルドな濃淡が楽しめる、激辛アラビアータ風トマト麺。

カマンベールのナポリ風チーズトマト麺 1,050円(税込)
s_sub1(2)
直火で炙った風味豊かなカマンベールチーズとトマトの贅沢なカプレーゼ。とろける食感楽しめるようになっている。ミルク仕立ての濃厚トマトチーズスープがしっかり細麺に絡み、贅沢な味わい。

ゴルゴンゾーラのチーズフォンデュ風トマト麺 1,100円(税込)
s_sub4
芳醇な香りのゴルゴンゾーラを贅沢に使い、粗挽きフランク、バケット、パリジャンポテトをトッピング。一口サイズの具材と、ブルーチーズとろける濃厚なトマトスープが堪能できる。

カマンベールのチーズパイタン麺 950 円(税込)
s_sub5
鶏パイタンスープにチーズを加えたオリジナル“チーズ鶏パイタン”スープが特徴。炙ったカマンベールチーズや、香ばしいベーコン、食感の良いレタスをトッピング。
温泉卵を加え、贅沢に仕上げた。

■店舗情報
【大阪王将】
店舗名:大阪王将 新宿東宝ビル店
住所  :東京都新宿区歌舞伎町1丁目19番1号 新宿東宝ビル1F
営業時間:24時間営業
席数  :36席
オープン日:2015年4月17日(金)

【太陽のトマト麺】
店舗名:太陽のトマト麺 新宿東宝ビル店
住所  :東京都新宿区歌舞伎町1丁目19番1号 新宿東宝ビル1F
営業時間: 11:00~23:00(LO 22:30)
席数  : 26席
オープン日:2015年4月17日(金)
s_main(2)

■大阪王将とは
1969年、大阪の京橋で創業。現在、日本国内で365店舗(2014年12月末時点)を展開する餃子専門店。2012年より「食後のニオイが気にならない餃子」を発売。都市部ではモダンな店内装の店舗を展開し、男性はもちろん、女性にも受け入れられる店舗作り、時代の変化やお客様のニーズに対応すべく様々な取組みを行っている。2014年9月で創業45周年を迎えた。
(大阪王将ホームページ:http://www.osaka-ohsho.com/

■「太陽のトマト麺」とは
「ラーメンは好きだけど体に悪いから」「歳をとるとスープがねえ」ラーメンブームを支えた現代の中高年の方からこんな声が聞こえてきたことから、今までのラーメン店の常識を変えようと全く新しい“トマトラーメン”を開発。
今までにないイタリアンとラーメンの融合させ、差別化を図った新ジャンルのトマトラーメンとなっている。
(太陽のトマト麺ホームページ:http://www.taiyo-tomato.com/

関連キーワードから記事を見る

Copyright© Gourmet Biz-グルメビズ- , 2019 All Rights Reserved.