L.A発・世界25ヶ国で展開中の「コーヒービーン&ティーリーフ」日本1号店が東京・日本橋に5/26オープン。

更新日:

L.A. Style株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:佐瀬守男)は、米国カリフォルニア州ロサンゼルスに本拠を置く米国最古のスペシャルティコー ヒーチェーン「The Coffee Bean & Tea Leaf ®」(以下:コーヒービーン & ティーリーフ)の日本国内における1号店を、2015年5月26日(火) 東京都中央区日本橋にオープンすることを発表した。

d13540-1-112976-0

コーヒービーン&ティーリーフは、“お客様が探し求めていた味を提供すること”を理念として1963年に米国カリフォルニア州ロサンゼルスで創業。コーヒー豆の産地とその特徴を活かす焙煎にこだわり、ティーも同様に産地からこだわった豊富なメニューを取り揃え、ロサンゼルスを代表するスペシャルティコーヒーショップとして、ハリウッドセレブをはじめ多くのファンに愛されてきた。
コーヒービーン&ティーリーフは、直接契約した農園から調達する、主にシングルオリジンの最高級アラビカ種100%のコーヒー豆を、熟練の焙煎工がそれぞれのコーヒー豆にあわせて自社焙煎。また、ティーも直接契約した農園から、上から2枚のみ“トップ2リーフ”を手摘みした高品質茶葉を調達し、自社でブレンドしている。

これまでコーヒービーン&ティーリーフは、世界25ヵ国に982店舗(2015年3月末現在)を展開するグローバルなスペシャルティコーヒーショップとして、世界中のコーヒーファンを魅了。
このたび日本初出店の地となる東京・日本橋は、伝統と革新が融合した歴史のある街であり、江戸時代には日本の道がここから全国に広がったという由緒ある場所としており、コーヒービーン&ティーリーフも東京・日本橋を起点に日本全国へおいしいスペシャルティコーヒーを広めたいとの思いを込めて、1号店をオープンする。

外観イメージ
d13540-1-916455-1

内装イメージ
d13540-1-467743-2

なお5月26日(火)の日本橋に続き、5月30日(土)には、埼玉県越谷市の「イオンレイクタウンkaze」内への日本2号店のオープンも決定している。

日本初出店にあたり、特にお楽しみいただきたい人気メニューである、ミルクフォームのきめ細やさが特徴の『カプチーノ』のラインナップとして、日本のお客様の味覚に合わせた『抹茶カプチーノ』を開発、日本オリジナル限定ドリンクとして発売する。

関連キーワードから記事を見る

Copyright© Gourmet Biz-グルメビズ- , 2019 All Rights Reserved.