全品280円「鳥貴族」の使用食材が100%国産に。新メニューには国産牛串も登場。

更新日:

株式会社鳥貴族(本社:大阪市浪速区 代表取締役社長:大倉忠司)が運営する全品280円均一(税込302円)の焼鳥屋「鳥貴族」は、2016年10月1日より、秋冬新メニューの提供開始に伴い、フードメニューで使用する食材(生鮮食品・加工食品)が100%国産となることを発表した。

新メニュー 牛串たれ焼ーガーリック入ー

toriki3
新メニューへの変更に伴い、2014年に開始した使用食材の国産比率向上を目指す「国産国消」の取組みから、食品表示法(平成27年4月1日施行)で定められた国産基準において、フードメニューで使用する食材(生鮮食品・加工食品)が100%国産となる。

2016年の秋冬新メニューは、イチオシの「串」「酒」など、新フードメニュー14品、新ドリンクメニュー8品を展開。

新メニュー きもの七昧ソース焼

toriki1

むね肉 BBQ(パーペキュー)チーズ焼

toriki2

「鳥貴族」は、全品280円均一(税込302円)の焼鳥屋チ工ーンで、1985年より、焼鳥屋『鳥貴族』として大阪・関西エリアを中心とした店舗展開を行う。2005年の東京1号店を皮切りに、現在は関西・関東・東海の3大商圏にて495店舗を展開。(2016年9月末時点)。
焼鳥は国産鶏肉を使用、主要食材の国産比率を高める「国産国消」の取組みを2014年より開始。名物「貴族焼」は、鳥貴族の圧倒的な人気NO.1メニューとなっている。

関連キーワードから記事を見る

Copyright© Gourmet Biz-グルメビズ- , 2018 All Rights Reserved.