作りたて生タピオカ専門の台湾スイーツカフェ「台湾甜商店」 秋の限定新商品が登場

更新日:

新宿・梅田で大行列の作りたて生タピオカを提供する台湾スイーツカフェ「台湾甜商店(タイワンテンショウテン)」では、期間限定で「牛奶満足(ミルク満足)フェア」を開催。
台湾素材と新鮮なミルクを使用した、これからの季節にぴったりなタピオカドリンクが登場しました。

商品概要

さつま芋ミルク 580円(税抜)

柔らかく煮込んださつま芋と新鮮なミルクを合わせ、上にホイップを乗せた一品。さつま芋のほっこりした甘さとミルクは、相性抜群の誰もが好きになる美味しさ。秋に飲みたい今回一押しのドリンクとなっています。

あずきミルク 580円(税抜)

風味豊かなあずきと新鮮なミルクを合わせ、上にホイップを乗せた一品。実はあずきは台湾でもポピュラーなスイーツ。日本人にも馴染み深い、懐かしさを感じられる美味しさとなっています。

タロ芋ミルク 580円(税抜)

昨年から発売を開始し、すでに同店大人気の商品。タロ芋とは、台湾ではスイーツの材料として人気の根菜。ねっとり柔らかなタロ芋にハマる人続出中。

※梅田阪急三番街店では11/1、新宿店では11/15からホットも発売します。

台湾甜商店


「心を癒すひとくち、台湾時間」をコンセプトに、台湾スイーツで癒されてほしい、台湾を感じる空間で台湾をより身近に感じてもらいたいという想いから台湾甜商店は生まれました。「甘い」に「舌」と書いて、甜。その文字通り「台湾甜商店」とは台湾のスイーツを味わってもらうお店という意味です。同店の拘りスイーツは一口頬張れば、どこか懐かしく、肩の力がふっと抜けるような心ほどける喜びのスイーツとなっています。

2018年現在、台湾スイーツ・ドリンクメニューの多さでは日本随一。日本における台湾スイーツ業界のリーダーを目指し、日々進化する台湾スイーツをいち早く届けます。
今年の8月には新宿駅中央東口から徒歩1分の場所へ新宿店もオープン。より気軽に台湾気分を味わってもらえるようになりました。

台湾甜商店のこだわり

作りたて生タピオカ

タピオカの一番美味しいタイミングは仕込んでから1時間以内と言われています。同店ではタピオカが一番美味しいタイミングで食べてもらうために、店内で毎日一時間以上かけ、10回以上こまめに仕込むことで常にできたてを提供。自慢の生タピオカは全商品にトッピング。

店舗情報

台湾甜商店 新宿店
席数:40席
住所:東京都新宿区新宿3-36-10 アインズ&トルペ新宿ビル2F
営業時間:11:00 ~ 22:00

台湾甜商店 梅田阪急三番街店
席数:37席
住所:大阪府大阪市北区芝田1-1-3 阪急三番街 南館 B2F
営業時間:11:00 ~ 22:00

URL:http://taiwan-tian.com/

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© Gourmet Biz-グルメビズ- , 2019 All Rights Reserved.