グラスフェッドビーフに注目!ブロンコビリーに『炭焼き 超厚切りサーロインステーキ』が登場

更新日:

株式会社ブロンコビリーは、8月8日(木)より、全134店舗でニュージーランド産『炭焼き 超厚切りサーロインステーキ』の提供を開始します。

いま大注目の「グラスフェッドビーフ」

ニュージーランドは、日本よりも小さく、国土の約40%が放牧地に使われています。厳選された牧草を好きなときに食べ、好きなときに運動して、好きな場所に寝る、牛にとってストレスのない最適な状態で飼育されています。牧草を食べて育てられた牛肉は「グラスフェッドビーフ」と称されています。日本人に馴染みのある、穀物を食べて育った「グレインフェッドビーフ」に比べ、しっかりとした肉の味わいが楽しめる赤身肉が特徴となっています。健康志向が高まる今、ナチュラルでヘルシーな「グラスフェッドビーフ」に、注目が集まっています。

ブロンコビリーの特徴「炭焼き」の効果

自然な環境で育ったニュージーランド産グラスフェッドビーフを、お肉を一番美味しく堪能できる超厚切りで提供します。家庭では調理が難しい厚切りステーキですが、ブロンコビリーでは、「炭焼き」にこだわり調理しています。「炭焼き」特有の遠赤外線効果により、外はカリッと中は肉汁を閉じ込めジューシーに仕上げるため、より美味しい状態で厚切りのお肉を味わえるようになっています。

メニュー詳細 ※表示価格は、全て税抜価格です

メニュー名:ニュージーランド産 炭焼き 超厚切りサーロインステーキ (単品)
「サーロイン」は牛の腰部分に位置し、上質な赤身肉の味わいをしっかりと堪能できる部位となっています。

単品価格:
150g/1,480円
200g/1,780円
300g/2,480円 ※イメージ写真
400g/3,180円

メニュー名:炭焼き 極選リブロースステーキ&ニュージーランド産 炭焼き 超厚切りサーロインステーキ (単品)
「グラスフェッド」と「グレインフェッド」の違いに興味を持った人にオススメ!ステーキ2種のコンビメニューが登場です。『炭焼き 極選リブロースステーキ』は、「グレインフェッドビーフ」で、赤身中心で肉本来の味を楽しめる「グラスフェッド」に比べ、霜降りが多いのが特徴となっています。また、「リブロース」は、赤身と霜降りのバランスがよく、脂の美味しさも楽しめる一品で、「サーロイン」より前寄りの牛の背中部分ですので、部位の違いも楽しめるようになっています。

単品価格:300g/3,180円
内容:リブロース150g+サーロイン150g

メニュー名:炭焼き ブロンコハンバーグ&炭焼き 超厚切りサーロインステーキ (単品)
ブロンコビリー人気NO1の牛100%『極み炭焼き ブロンコハンバーグ』とニュージーランド産『炭焼き 超厚切りサーロインステーキ』がダブルで楽しめるボリューム満点なコンビセットとなっています。

単品価格:340g/1,980円
内容:ハンバーグ190g+ステーキ150g

ブロンコビリーでは、選べる「こだわりのセット」メニューも用意しています。

『新鮮サラダバーセット』
ヘルシー志向なあなたにオススメ!お肉と野菜だけのセットとなっています。
店舗でカット調理する新鮮なカットサラダや、年5回メニューが変わる旬の食材を使った惣菜サラダ、カットフルーツやゼリーなどのデザートメニューまで思う存分楽しめるようになっています。

価 格:上記単品メニューにプラス400円
セット内容:新鮮サラダバー

『ブロンコセット』
お肉もごはんもサラダバーも!ブロンコビリーのこだわりを存分に楽しめるようになっています。
ブロンコビリーの3つのこだわり、「炭焼き」「新鮮サラダバー」の他には、「大かまどごはん」があります。日本有数のブランド米「魚沼産コシヒカリ」を、大かまどの高温で炊き上げることで、ふっくらツヤツヤに、さらに美味しく仕上げています。

価格:上記単品メニューにプラス500円
内容:新鮮サラダバー・魚沼産コシヒカリ
大かまどごはん (又はパン)・コーンスープ

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© Gourmet Biz-グルメビズ- , 2019 All Rights Reserved.