ファミマ、ドーナツコーナーを開始。フラッペメニューの拡大などFAMIMA CAFEをリニューアル。

更新日:

株式会社ファミリーマート(本社:東京都豊島区/代表取締役社長:中山勇)は、人気の挽きたてコーヒー「FAMIMA CAFÉ」をリニューアルし、2015年3月31日(火)から順次、全国で展開し、併せてパン売場にドーナツ専用の販売ケースを導入し約10種類を展開することで、ラインナップの充実を図ることを発表した。

※イメージ画像

familymart_donuts1

同リニューアルでは、コーヒー豆の配合・焙煎だけでなく、エスプレッソマシーンによるコーヒー豆の抽出方法も変更。これにより、華やかな甘い香り、上品な酸味、クリアな飲み口のコーヒーに生まれ変わる。

さらには、この挽きたてコーヒーの品質向上を軸に、フラッペメニューの新商品発売、ドーナツ専用の販売ケースの導入など、関連メニューの拡大も実施する。

※対象は宮崎県、鹿児島県、沖縄県を除く全国のファミリーマート店舗約10,700店。
※変更日は地域によって異なる。

【主な取り組みのポイント】
1.コーヒー豆の配合・焙煎の見直し、エスプレッソマシーンの抽出方法変更
(2015年3月31日から順次)
2.フラッペメニューの拡大(2015年5月 予定)
3.ドーナツ売場の拡充(2015年4月以降順次 予定)

<1.コーヒー豆の選定、焙煎方法、抽出方法を刷新>
①厳選したコーヒー豆を採用
コーヒーの美味しさは何よりも「生豆」の品質が重要とする考えのもと、ブレンドする豆に、新たに甘い香りや上品な酸味が特徴のグアテマラ産を採用。その他の豆についても、産地・グレード指定はもちろんのこと、豆の大きさ・水分含有量等、同社独自の細かな品質基準(ファミマスペック)を設け、豆の品質向上を図った。

famima_cafe

また、船積み前に加え、日本到着後にも同基準に基づく品質検査を行い、適合しない豆を徹底的に排除。
パンチのある苦みを生かしつつ雑味を取り除くため、一部の豆は、雑味成分を含む豆表面の薄皮を削った「磨き豆」に変更した。

②豆の変更に合わせて、焙煎方法も変更
「FAMIMA CAFÉ」では、豆の品種ごとに焙煎(単品焙煎)した後でブレンドすることで、それぞれのコーヒー豆のおいしさを最大限に引き出している。焙煎を見直す事で、高品質な豆の特徴(香りの良さ、上品な酸味等)を引き出す事が可能となった。

③エスプレッソマシーンの抽出方法変更
高性能なエスプレッソマシーンの特徴を活かし、よりコーヒーを美味しく提供するための抽出方法に変更。

具体的には、ブレンドコーヒーの抽出において、これまでよりも粗めにコーヒー豆を挽き、最初に少量のお湯を垂らした後、そのお湯が豆全体に行き渡るように軽くプレス。その後コーヒーを数秒間蒸らした後に抽出する。

この方法は「ウェットプレス」と呼ばれ、この方法により、コクがあるのに雑味が少ない、口当たりがクリアなブレンドコーヒーが楽しめる。

<2.フラッペメニューの新作も豊富なラインナップで登場>
女性客に人気のメニューを提供するため、5月にはホットミルクを使用したフラッペメニューを発売開始。

抹茶フラッペ

maccha

マンゴー&オレンジフラッペ

mango
<3.ドーナツ売場の拡充>(2015年4月以降順次 予定)
パン売場にドーナツ専用の販売ケースを導入し、人気の「オールドファッションドーナツ(チョコ)」をはじめ、約10種類を展開することで、ラインナップの充実を図る。
old_hukuro

※イメージ画像

old_nakami

上記に加え、高品質なデザートやサンドイッチなど、挽きたてコーヒーに合うオリジナル商品を随時発売することで、関連メニューのさらなる拡充を図っていきたいとしている。

※すべての商標は、各々の所有者の商標または登録商標です。

関連キーワードから記事を見る

Copyright© Gourmet Biz-グルメビズ- , 2019 All Rights Reserved.